いざという時のために・・・

避難器具は火災発生の際に、全員を避難させるものではありませんが、
就寝中などで火災の際、逃げ遅れた方にご利用いただくべきものです。
通常は階段で避難していただきたいのですが、火事の状況で階段が
使えなくなった場合に、避難器具をご利用いただくことになります。

火災報知器

◆消防用器具ご案内

避難設備 避難ハッチ syouka
常に初期性能を維持する高い耐久性と緊急時にも迷わない
簡単な操作性、そして速やかに安全に避難できるはしごの
機能性。非常用避難ハッチの基本性能に徹底的にこだわり
ながら、施工性・メンテナンス性・美観性などにも完成度
を高めています。
避難はしご syouka
ビルの壁面、避難口の側に、避難器具本体(フレームユニット
とはしご)を取り付ける構造となっている「レスキューライン」。
各階から操作可能なレバーにより、はしごを展張させ避難する、
各階共用型避難器具です。本体重量と避難者の重量は、ビル
上部壁面に設置したフレームユニットによって支持しますので
取付工事も簡単です。