安心な暮らしのために安全サービスの向上に努めています。

消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても、確実に作動するよう、
日頃の維持管理が重要です。
消防法では、消防用設備等の点検・報告ばかりではなく、整備を含め適正な
維持管理を防災対象物の関係者に義務付けています。
長崎ユタカでは、ビル、マンション、その他の建物や施設の消防用設備の点検を
安全に確実に行い、皆様の安心できる暮らしに貢献しています。

消防法により、消防用設備の点検・報告が義務づけられています。

消防用設備等の点検・報告をしなければならない人とは?

◎建物の所有者
◎管理者(ビル管理会社、建物の管理を任されている人など)
◎占有者(テナント、建物を借りている人)

点検の内容は?

◎消防設備点検 ◎防火対象物点検 ◎建築設備定期報告

gazou
点検の流れ
設備の不備はもしもの時に、多大な損害をもたらします。
定期的に設備や器具の点検を行い、
安心の毎日を過ごしましょう。